意外と知らない!?婚約指輪のダイヤモンド

意外と知らない!?婚約指輪のダイヤモンド

ダイヤモンドの基礎を知る

婚約指輪にダイヤモンドを付けるのがやはり定番ですよね。しかし普段宝石などを買い慣れていない人にとって、ダイヤモンドのことなどよくわからないものでもあります。ダイヤモンドのカラットというのは何なのか、またカットやカラーというのはどういうことを意味しているのか、意外に知らないことも多いものです。そこで、婚約指輪を購入する前の基礎知識として、まずダイヤモンドについてのいろいろなことを知っておくと良いでしょう。

カットやカラーとは何か

ダイヤモンドにはカットというものがあります。カットというのは、簡単に行ってしまえばダイヤモンドの輝きを決定づけるものです。ダイヤモンドは職人によって仕上げられますが、カットはダイヤの表面の研磨や、形の美しさを基準として決められます。一方、カラーとはダイヤの色合いのことであり、ダイヤモンドのカラーについては無色透明であればあるほど価値が高くなります。カラーには幅があって、無色透明から薄い黄色まであり、色が付いている方が価値が劣ります。

クラリティとカラットについて

また、ダイヤモンドの価値を決めるものとして、クラリティやカラットという基準も存在します。クラリティはダイヤモンドの透明度を表す基準であり、不純物がないものほど透明度が高く、したがってクラリティのグレードもアップします。カラットはよく聞く言葉かもしれませんが、これはダイヤモンドの重さを表す単位です。1カラットあたり0.2グラムという重さであり、重ければ重いほどにそのダイヤモンドは高級なものになります。

婚約指輪を購入する際には、結婚指輪と一緒に購入すると割り引いてくれるので活用すると良いです。保証期間は会社によって異なります。